デリケートゾーン用のソープでケアしよう|痒みもかぶれも対策できる

女の人

日頃のケアが大切

女性

デリケートゾーンが痒くなるという人やニオイが気になるという人は少なくありません。ナプキンを使ったときや体調が悪い場合にかぶれてしまうこともあるでしょう。そんなデリケートゾーンの悩みは毎日のケアで治すことができるのです。デリケートゾーンの悩みのなかでも辛いのが痒みでしょう。痒みが強くなると痛みに変わってしまうこともあります。また、強い痒みで仕事や勉強に集中できなくなることや、眠れなくなることもあるのです。そんなデリケートゾーンの痒みの主な原因といわれているのがムレやかぶれです。デリケートゾーンは、ナプキンやおりもの、下着の締め付けなどで蒸れてしまいます。そのムレで発生する汗が強い痒みを引き起こしているのです。また、下着やナプキンが擦れてかぶれて痒くなることもあります。特に、アレルギー体質の人や敏感肌の人は注意が必要です。デリケートゾーンの皮膚は他の部分よりも薄く、少しの刺激でかぶれや痒みを引き起こしてしまうでしょう。ムダ毛による刺激で痒くなるという人もいるのです。このような痒みを抑えるためにも、日頃から刺激を避けるよう気をつけましょう。

デリケートゾーンのケアに効果的なのが専用のソープを使うことです。専用のソープは普通の石鹸やボディーソープよりも刺激が少なく、皮膚の汚れだけを落とせるように作られています。余分な汚れだけを落として、デリケートゾーンや膣を守るのに必要な常在菌を残すことができるのです。それで毎日ケアをしていれば痒みも軽減されるでしょう。また、生理中はナプキンを小まめに取り替えてムレないように気をつけなくてはいけません。

大きさを変える手術

女性

デリケートゾーンの悩みはなかなか人には話せません。そんな悩みを相談できるところというのが婦人科形成クリニックです。黒ずみや膣のゆるみ、小陰唇肥大などの治療をしてくれます。

詳細を確認する

蒸れからくるかぶれ

レディー

生理中はデリケートゾーンにトラブルが起こりやすくなります。ナプキンを使うことで蒸れやすくなるのでかぶれやかゆみを感じることがあるのです。強いかぶれは感染症の可能性もあります。

詳細を確認する

放っておけない症状

女の人

膣のゆるみは筋肉の衰えと大きく関係しています。放っておくと排泄機能に問題が出ることもあるので、早めに医療機関へ相談しましょう。医療機関では注入法やレーザー、高周波で治療をすることができます。

詳細を確認する