デリケートゾーン用のソープでケアしよう|痒みもかぶれも対策できる

レディー

蒸れからくるかぶれ

レディー

生理になると多くの人がイライラやブルーな気分に悩まされます。また、生理中はナプキンを常に使っている状態なので蒸れやすく、かゆみやかぶれ、ニオイなどの症状が起こることもあるのです。生理中のデリケートゾーンは敏感になっており、ナプキンが擦れることでかぶれてしまうでしょう。また、もともと敏感肌の人やアトピーを持っているという人はとくに気を付けなければいけません。かぶれはしっかりと対策しないとどんどん悪化してしまうでしょう。デリケートゾーンだけでなくお尻全体に広がってしまう可能性もあります。また、かぶれが酷くなると強いかゆみや痛みを引き起こすことになるのです。それらのせいで掻きむしって傷や水ぶくれになることもあります。傷口から細菌が入り感染症になるという場合もあるのです。そんなかぶれの1番大きな要因が生理中の蒸れです。ナプキンについた汗や血液が蒸れを引き起こしてしまいます。これを防ぐためにも定期的にナプキンを取り替えて蒸れないよう気をつけましょう。また、ナプキンとの摩擦でかぶれることもあるので、肌に優しい素材で作られているというものを選ぶといいでしょう。ナプキンだけでなく、ショーツがかぶれの原因になることもあります。ショーツが原因のときは化学繊維が含まれていないものを選ぶことがポイントです。

いつまでも治らないというかぶれは感染症を疑ってみましょう。カンジダ膣炎が感染症のなかでも有名で、かゆみや腫れ、白いおりものなどがある場合はその可能性が高いでしょう。それが原因で引っ掻いてしまいかぶれが酷くなっているのです。この場合は医療機関へ相談して適切な治療を受けることが大切です。ナプキンやショーツにこだわってもなかなか治まらないかぶれがある場合は早く医師に相談しましょう。