デリケートゾーン用のソープでケアしよう|痒みもかぶれも対策できる

レディー

放っておけない症状

女の人

尿漏れやパートナーの指摘で自分の膣にゆるみを感じたときは医療機関へ相談に行きましょう。膣のゆるみは腹筋や骨盤底筋という筋肉が弱くなることで起こってしまうものです。この部分の筋肉が膣やその周辺にある臓器を引き締めて正しい位置に留めているのです。しかし、骨盤底筋や腹筋は鍛えないと加齢に伴ってその力が弱くなってしまいます。また、出産のときに伸びきったままになってしまうということもあるのです。このように衰えてしまった骨盤底筋や腹筋は、膣やその周辺の臓器を支えきれなくなってしまうでしょう。その結果、膣の締りが悪くなるだけでなく、尿漏れや子宮脱という症状になってしまうことがあるのです。子宮脱というのは子宮やその周辺の臓器が垂れ下がり、膣の壁がめくれるように外へ飛び出すというものです。排泄の障害が起きてしまう原因になるので、膣のゆるみが発覚した場合は医療機関へ行って相談しましょう。

医療機関では膣のゆるみにどのような治療を行なっているのでしょうか。軽度な膣のゆるみを改善させるときに行なわれるのが、ヒアルロン酸や脂肪の注入です。これらを膣の壁に注入して膨らみを持たせることで内部を狭くするのです。内部が狭くなればある程度ゆるみは改善するでしょう。また、レーザーや高周波を用いて改善するという治療を行なう医療機関もあります。これらの方法の方が、注入する場合よりも効果が持続しやすいでしょう。メスを使わずに行なえるのがこれらの治療の特徴でしょう。